昇順 / 降順
category : 川の様子

2018/07/22
今日も暑い一日

こんにちは!
本日も猛暑日で、朝から場内気温も35.0℃あり、とても暑い1日です。
こまめに水分補給をして熱中症対策をして下さいね。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

今日も暑い一日
新幹線橋高架橋上流域の様子

今日も暑い一日
南郷大橋下流域の様子

今日も暑い一日
射水市土合地先 川の濁り

川の状況としては、少しずつは透いてきてはいると思いますが、まだまだ濁りがあります。
現在、河川放流量は毎秒30トンです。

射水市土合地先で水温測定を行っていると何尾か元気に跳ねているアユを見つけ、限られた時間の中でシャッターチャンスを狙っていた訳ですが、中々上手くは撮れないものです。残念ながら撮れませんでした。

多くの釣り人に楽しんで頂きたいのですが、今回自然の猛威を感じ、また自然相手の仕事であるが故に何とも言えない気持ちが私自身あり、皆様にもあるのではないでしょうか。
今は少しでも早く「清流庄川」に戻って欲しいと祈るばかりです。
posted at 2018/07/22(Sun) 14:55:00
修正

2018/07/21
川物語

本日、南郷大橋付近、午後二時半の水温は23.1℃と、
泳ぐには最適です。
ですが、川には相変わらず濁りが出ています。
川物語
新幹線高架橋方面の様子

川物語
水温観測地点周辺の様子

水温を測り終えて堤防を車で走っていると、
湧水のある地点で、孫と一緒に川遊びをしている人に出会いました。
透き通った水で、楽しそうに泳ぐ孫の姿を、
嬉しそうに見ている祖父の姿が微笑ましかったです。

ちなみに、泳いでいる場所に魚はあまり居なかったとのことです。
川物語
川遊びをしていた周辺の様子

釣り人が大勢いる川では泳ぐのもためらわれますが、
今なら釣り人もあまり居ませんし、川遊びをしてみては、
いかがでしょうか。その際はくれぐれも流れの穏やかな場所で。
posted at 2018/07/21(Sat) 15:38:17
修正

2018/07/18
工事現場より

7月18日、午後3時ごろ、南郷大橋周辺での水温は22℃となっています。
流心においては幾分冷たいとは思いますが、水温が高くなっています。

工事現場より
安川地先、護岸を工事している場所からの風景

大量の土砂が堆積しています。

工事現場より
工事、測量などをしている場所

車での移動が困難なのか、人海戦術で物資を運搬されていました。
暑い中での作業に頭が下がります。

工事現場より
浅瀬に取り残されたアユ
体長10センチ以下の小さな魚影が目立ちます。
手づかみで捕まえてみましたが、食べ物が少ないのか、
頭が大きく痩せ細った魚体でした。
posted at 2018/07/18(Wed) 16:56:26
修正

2018/07/17
橋巡り

本日、午後三時、南郷大橋周辺の気温は31.4℃、
水温は20.4℃でした。
午後からは、南郷大橋から舟戸橋周辺まで河川の状況を、
確認してきました。
その間、川で釣りをしている人の姿は見られませんでしたが、
川の様子が心配で、見に来られている釣り人の方には何度も遭遇しました。
橋巡り
水道管橋を上流から

川の状況を見る限り、川底が土砂で埋もれている感じがしました。
従来あったテトラポットの半分近くが埋まっており、
淵が瀬にかわっていたり、流れの位置も大幅に変化していました。
また、安川地先では、護岸が削られており、
重機を入れての修復工事が行われていました。
アユの放流を行っていた場所も、水の流れが途絶えていて、
次回放流する際にはまた、新たな場所を検討する必要があります。

橋巡り
砺波大橋下

また、濁りは断続的にあるものの、ダムの放流量が少なくなっているため、
河川の閉鎖された水域に取り残されたアユが、サギに捕食される姿が、
いたるところに見受けられました。
このまま水位が下がれば、そのまま干乾びてしまうのか、
その前に鳥に食べられてしまうのか。
もしくは、一網打尽にされるのか。
それ以外の選択肢がアユに見当たらず、切ない感じがしました。

橋巡り
舟戸橋下流の様子

出来るだけ早く、川の状態が戻り、
水面を踊るアユと、釣り人の笑顔が帰ってくることを願うばかりです。

posted at 2018/07/17(Tue) 16:34:55
修正

2018/07/16
本日は猛暑日

こんにちは!
今日は朝から暑い一日でした。
場内の気温 15:00 37.0℃でした。
もう「夏」ですね。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

本日は猛暑日
新幹線橋高架橋上流域の様子

本日は猛暑日
南郷大橋下流域の様子

本日は猛暑日
庄川右岸射水市土合地先 川濁り具合

数日前の増水より、若干は濁りが取れたものの、今は釣りを楽しめる状況ではありません。
早く濁りが取れてくれる事を祈るばかりです。
posted at 2018/07/16(Mon) 16:35:05
修正

2018/07/14
濁流のオアシス

本日、午後三時、南郷大橋周辺の気温は、30.3℃、
水温は、19.9℃でした。
水量は、少しづつ減っている感じがします。
濁りも、以前のような泥水というよりも、やや薄まってきている感じです。
濁流のオアシス
南郷大橋を上流から

濁流のオアシス
南郷大橋、上流周辺の様子

濁流のオアシス
川の濁り具合

庄川全体的には、濁りが顕著に見られますが、
川の中州付近や、流れが滞っている場所、
湧水がある場所においては、濁りのない場所が点在しました。
濁りのない場所を狙って毛鉤釣りをされている人も見受けられますが、
無理に川を渡ろうとしたり、濁りの中深みに足を取られることも考えられますので、
川に入られる際は、十分な配慮をお願いします。
posted at 2018/07/14(Sat) 15:55:14
修正

2018/07/13
川の様子

本日、朝から晴れて、非常に暑い一日となりました。

川の様子
南郷大橋下流域の様子

庄川本川放流量予定
13日13時30分現在の庄川河川放流量は、毎秒約120トンです。
14時から約120トンの予定です。
14日は0時から毎秒約120トンの予定です。

川の様子
新幹線高架橋付近の様子

流量は毎秒120トンと増水が続いており、濁りも強く残っています。

川の様子
新幹線高架橋上流域の様子

濁りは岐阜県の上流から続いており、回復まで、時間がかかりそうです。
河川の状況は、当ホームページ及び防災ネットのライブカメラでも確認できますので、活用ください。

防災ネットリンク↓↓↓↓↓
http://www.hrr.mlit.go.jp/toyama/bousainet/kasen/


posted at 2018/07/13(Fri) 17:45:42
修正

2018/07/12
本川、強い濁り

本日は、朝から曇り、一時雨の降っている時間帯もありました。

本川、強い濁り
高速橋下流域の様子

庄川本川放流量予定
12日14時30分の庄川河川放流量は、毎秒約130トンです。
15時から約130トンの予定です。
13日は0時から毎秒約130トンの予定です。

本川、強い濁り
南郷大橋上流域の様子

本川は流量も多く、強い濁りが残っています。
湧水が豊富な場所では、濁りが薄まっている場所が堤防の上から確認できます。

本川、強い濁り
砺波大橋上流域の様子

溜まりになっているような場所は濁りがなく、毛鉤釣りをされている方もおられます。

今後、更に減水すると川の様子も明らかになるかと思いますが、濁りがとれるまで時間がかかりそうです。
posted at 2018/07/12(Thu) 15:20:25
修正

2018/07/11
利賀川の様子

本川は濁りが強い状況が続いていますが、利賀川は濁りなく、透いています。

利賀川の様子
昌栄橋付近の様子

利賀川の様子
昌栄橋付近の様子A

水量もあり、釣りには良い状況です。

利賀川の様子
利賀川において、先日放流したアユが確認できました。

ダム上流域におけるアユ資源造成調査研究

背景
かつて庄川上流域にもアユが遡上していたが、昭和5年の小牧ダム建設により、ダム上流域へのアユ遡上が途絶えてしまいました。
一方、さらに上流(岐阜県)では、アユが放流され、遊漁や郷土料理の対象になり、山間部の地域振興につながっている。

庄川のダム上流域においてアユを放流し、放流したアユの生育調査、アユ漁場としての利用調査を行い、ダム上流域における生育状況とアユ漁場としての利用可能性を把握します。
ダム上流域におけるアユ漁業・遊漁の振興、山間部の地域振興につなげていく調査研究となります。

内共15号漁場(庄川の小牧ダムよりも上流側)において、富山県と庄川沿岸漁業協同組合連合会がアユの生育調査を実施しているため、周年アユの採捕が禁止されています。正確な調査を行うため、アユを混獲した場合は放流してください。
調査にご協力いただきますよう、よろしくお願いします。
posted at 2018/07/11(Wed) 14:53:51
修正

2018/07/10
河川状況

本日、南郷大橋周辺、午後三時の気温は29.8℃、水温は18.7℃でした。
川の水位も、低くなりつつありますが、濁りは強く茶色い泥水といった感じです。
水位の下がった河原では、木が流されていたり、護岸が削られていたり、
水力による地形の変化を、感じました。
河川状況
新幹線高架橋方面の様子
長雨の影響か、河原の草が伸びている感じがしました。
河川状況
水温観測地点
護岸工事をされたおかげで、根こそぎ地盤が流されることはありませんでしたが、
それでも道の際まで削られていました。
河川状況
南郷大橋、下流の様子。
河原の石が、大幅に流出している感じが、しました。
これからまた、水位が下がり水の濁りも、おさまってくると、
ちがった川の変貌が見られると思います。
posted at 2018/07/10(Tue) 16:13:34
修正
« back « back

page

:: 1 :: 2 :: 3 :: 4 :: 5 :: 6 :: 7 :: 8 :: 9
:: 10 :: 11 :: 12 :: 13 :: 14 :: 15 :: 16 :: 17 :: 18 :: 19
:: 20 :: 21 :: 22 :: 23 :: 24 :: 25 :: 26 :: 27 :: 28 :: 29
:: 30 :: 31 :: 32 :: 33 :: 34 :: 35 :: 36 :: 37 :: 38 :: 39
:: 40 :: 41 :: 42 :: 43 :: 44 :: 45 :: 46 :: 47 :: 48 :: 49
:: 50 :: 51 :: 52 :: 53 :: 54 :: 55 :: 56 :: 57 :: 58 :: 59
:: 60 :: 61 :: 62 :: 63 :: 64 :: 65 :: 66 :: 67 :: 68 :: 69
:: 70 :: 71 :: 72 :: 73 :: 74 :: 75 :: 76 :: 77 :: 78 :: 79
:: 80 :: 81 :: 82 :: 83 :: 84 :: 85 :: 86 :: 87 ::88:: 89
:: 90 :: 91 :: 92 :: 93 :: 94 :: 95 :: 96 :: 97 :: 98 :: 99
:: 100 :: 101 :: 102 :: 103 :: 104 :: 105 :: 106 :: 107 :: 108 :: 109

+ pplog 3.35 +